1:呼吸を整える

呼吸を整える
出典:GODMake.

マッチョな身体にならないために大切なのは、インナーマッスルのトレーニング。体幹に効果的なインナーマッスルを鍛えたいときには、呼吸方法を整えるための深い呼吸がポイント。

お腹から息を吸うことを意識するだけでもインナーマッスルに効果的に働きかけます。

2:食べ物・飲み物を見直そう

食べ物・飲み物を見直そう
出典:GODMake.

食べ物は“たんぱく質”を意識

どんなに頑張ってトレーニングをしていても、筋肉のもととなる“たんぱく質”が不足していては、理想の筋肉は作られにくくなってしまいます。栄養素はまとめて摂り溜めしておくことができないので、毎日効果的な栄養素を摂るように食生活を見直してみましょう。

特に「大豆」「チキン」「たまご」「魚」などのたんぱく質を豊富に含んだ食材を毎日食べることを意識してみてください。たんぱく質は、体重×1.0~1.2程度を摂取すると良いと言われています。

プロテインを飲むなら“植物性”を選んで

トレーニング中の強い味方・プロテイン。あくまでプロテインは食事の補佐のような役割なので、選び方にもポイントがあります!

上記でご紹介したように、食事でたんぱく質を意識した動物性の栄養素を摂取しているはずなので、プロテインでは植物性のタイプを摂取するように意識しましょう。

身体の巡りを良くするために“水”を飲む

水をこまめに飲むと体内の流れが良くなり、むくみの解消や代謝が上がることでトレーニングの効果がUPすると言われています。スムージーやお茶ではなく、シンプルに水分を与えてくれる常温の水を選びましょう。

3:便秘にならないように注意

便秘にならないように注意
出典:GODMake.

どんなに食べ物や飲み物に注意をして見直しても、必要な栄養素を吸収できない身体ではせっかくの頑張りの効果が減ってしまいます。

身体づくりに効果的な栄養素を上手に吸収できる土台をつくるには、腸内環境がクリーンになるように意識することも大切です!

食物繊維が豊富な「きのこ類」「海藻類」「野菜」などを積極的に摂取して、便秘に悩まない身体づくりをするように意識しましょう。

4:身体を温めて代謝UPを目指す

身体を温めて代謝UPを目指す
出典:GODMake.

しっかり筋肉を増やすには、トレーニングをしたら休養することも大切です。鍛えた筋肉を休ませるには、お風呂で身体を温めて筋肉の張りをほぐすように意識しましょう!

身体を温めると全身の巡りが良くなって代謝も上がるので、脂肪が燃えやすく筋肉もつきやすい身体になります。トレーニングをしたら、お風呂にゆっくり浸かって癒されながら身体を温めましょう!

5:マッサージコスメで腹筋づくりをサポート

マッサージコスメで腹筋づくりをサポート
出典:GODMake.

頑張ってトレーニングをした筋肉をやさしくほぐすには、マッサージコスメが効果的!トレーニングをして縮んだ腹筋を伸ばすと、縦ラインがキレイに現れます。脂肪燃焼効果をサポートするものや、お気に入りの香りのボディオイルを活用して筋肉をほぐしていきましょう。

適切な鍛え方をしてしなやかな腹筋づくりに励もう!

身体を絞りたいとき、ただやみくもにトレーニングをしてしまうと理想とは反対の身体づくりへと繋がってしまう恐れがあります。“なりたい理想の体型”をしっかりイメージして、上手な鍛え方や食事の見直しを取り入れてみてください。

露出の多い夏場に、夏のファッションを全力で楽しめるよう賢く鍛えていきましょう!

情報提供元:GODMake
記事名:「欲しいのはナチュラルな縦ライン♡丁度いい腹筋の手に入れ方