株式会社ネイキッドは2020年8月5日(水)、同社が販売しているおうちエンタメVRセット「湯にバース ばい ねいきっど」について、コラボレーションする温泉地を、今月17日(月)まで公式twitterで募集することを発表しました。

また今月19日(水)~9月4日(金)まで、同商品の制作費支援としてのクラウドファンディングが、”CAMPFIRE”で実施されます。


「湯にバース ばい ねいきっど」コラボ温泉地募集へ

「湯にバース ばい ねいきっど」は、ネイキッド社が販売する”自宅のお風呂向け”エンタメVRセットです。

本製品は、

・1回分の温泉入浴剤

・VRゴーグル

・360度VR映像

の3点がセットになっており、VR映像の温泉に浸かっているかのような体験ができます。

ユーザーは温泉入浴剤を入れたお風呂にVRゴーグルを着けた状態で入り、入浴剤の温泉地の360度映像を見る事で、まるで本当にその温泉地に行ったような感覚でお湯を楽しむことができます。

今年7月には昼神温泉のある長野県阿智村とコラボした第一弾製品が発売されており、防水クリアケース付き製品が発売からわずか2日で完売するほどの好評ぶりを見せています。

それだけでなく、ネットニュースや新聞・テレビ番組でも反響が大きく、集客やPRに悩んでいる温泉地の支援にピッタリの製品となっています。

そんな同製品のコラボ温泉地の募集が、今年8月17日(月)PM23:59まで公式Twitterで行われています。

募集されている温泉地は3か所で、集まった地域の中から応募内容を踏まえて選定されます。

募集条件は

・1回分の温泉地の素(入浴剤)の商品が提供できること

・クラウドファンディングの支援をSNS上で呼びかけれること

・当選した際にはPRに協力できること(画像提供等)

の3点になっており、VR映像制作費の負担はないけども、著作権はネイキッド社が無期限に保有することとなっています。

応募は専用フォームからすることが可能で、当選した温泉地には個別にDMが送られるということです。

また当選地の発表は、ネイキッドのtwitter公式アカウント(@NAKED_STAFF)で発表されます。

イメージ

応募フォーム



制作費のためのクラウドファンディングも開始

コラボ温泉地が決まった後、これらの製品化資金を募るクラウドファンディングが、8月19日(水)~9月4日(金)23:59までクラウドファンディングページ”CAMPFIRE”にて実施されます。

クラウドファンディングでは、目標金額が達成すると支援者に返礼として、3箇所の温泉地を一挙に楽しむことができる「湯にばーす ばい ねいきっど~名湯巡り~」が贈呈されます。

まとめ

7月15日の発売からわずか2日で”防水クリアケース付き”が完売した「湯にばーす ばい ねいきっど」の、コラボ温泉地の募集が公式Twitterで行われています。

この製品は「温泉の素」「VRゴーグル」「温泉地のVR映像」がセットになっており、VRゴーグルを付けて温泉の素を入れたお風呂に入りながら、その温泉地のVR映像を見ることで、本当にその地に行って温泉に浸かっているかのような体験ができます。

コロナ禍で旅行が自粛される中、こういったものでちょっとでも温泉気分を味わえると、自粛疲れも吹っ飛んでいきそうですね。

今回の募集により、次はどこの温泉地が体験できるのかも楽しみです。

体験をした後は、現実でもその地域へ行ってみたくなることでしょう。

ソース:「湯にばーす ばい ねいきっど」プレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRで温泉気分の「湯にバース」がコラボ温泉地を募集!クラファンも開始へ