バーチャルプロショッパーコミュニケーションズは2019年3月11日(月)、バーチャルキャラクターによる試供品配布を3月14日(木)に名古屋市中区栄周辺で実施することを発表しました。

この配布イベントでは、巨大なディスプレイを搭載した大型トラックにVtuberが登場する「バーチャル貨物トラック」によって行われます。


「バーチャル貨物トラック」で試供品配布!

「バーチャル貨物トラック」とは、トラックTVと言われる荷台のサイドパネル部分に大型ディスプレイを搭載した3.5トントラックに、3Dキャラの「バーチャル販売士」を映し出して移動するトラックのことです。

イメージ

配布イベントは、この「バーチャル貨物トラック」が名古屋市栄区周辺の複数スポットに出現し、映し出されたVtuberが歩行者に向かってリアルタイムにコミュニケーションを行いながら試供品の配布をするもので、平成最後のホワイトデーとなる2019年3月14日(木)に行われます。

当日トラックのディスプレイには

・「バーチャルティッシュ配り」で一躍有名になったイトッポイド氏

・引退したベテラン元販売員やプロのMCなどのバーチャル販売士

が登場。

試供品の認知向上に貢献するために複数のスポットを移動しながら配布を行っていきます。

イメージ

「爆走!バーチャル貨物トラック」配布イベント概要

イメージ

日時:2019年3月14日(木)13時~19時(予定)

場所:愛知県名古屋市中区栄周辺(Lachic前、矢場町交差点、OSU301前、サンシャイン栄前)

※当日の交通状況により配布不可の場合あり

※走行中は静止画映像のみの放映で試供品配布なし

※試供品の配布は一人一つまで



過去にはVtuberによるティッシュ配りも!

イメージ

今回のイベントに登場するVtuber「イトッポイド氏」は、今年1月に東京オートサロンで行われた「バーチャルティッシュ配り」で、業界にその名を轟かせています。

ティッシュワゴンとバーチャルキャラクターを映し出すディスプレイが一体型となった「バーチャルティッシュ配りユニット」を使用して行われており、大盛況のうちに終了しました。

イメージ

関連記事:VTuberによる「バーチャルティッシュ配り!全部配るまで帰れません!」東京オートサロン2019にて開催!

Vtuber「イトッポイド氏」とは

「イトッポイド氏」は

「人間社会のあらゆる問題は感情から生まれる」

として、感情を捨ててロボットプログラムとなったVtuber。2018年10月から活動を開始しています。

新進気鋭のコンテンツクリエイターとして、日常の風景を一瞬で物語化するアクリルキーホルダー「主人公レンズ」のプロデュースを手掛けるなどをしています。

過去にはリアル世界で販売員に従事していましたが、この「バーチャルティッシュ配り」に参加したことをきっかけにバーチャル販売員として目覚めたようです。

Twitter

YouTubeチャンネル

今回登場する3Dキャラについて

イメージ

今回の「バーチャル貨物トラック」に登場する3Dキャラは、バーチャルプロショッパーコミュニケーションズが提供する「バーチャルプロショッパーアバター」が使用されます。

企画・制作は、販売スキルの高い人材をバーチャル化して現場へ派遣するための「インフラとしてのアバター」をコンセプトに、イトッポイド氏がプロデュースしています。

この3Dキャラには、

・1つのアバターを複数人の演者で共有可能にするための汎用的なキャラクターデザイン

・Vtuber文化に詳しくない人からも「販売員」として理解してもらえる統一ユニフォーム

・あらゆる売り場と演者に対応できるキャラクターバリエーション

といった特徴をもっており、3Dキャラクターモデル制作ツール「VRoid Studio」によって制作されています。

まとめ

以前このサイトでも紹介した「バーチャルプロショッパー」ことバーチャル販売士が、名古屋にてトラックで移動しながら試供品の配布をします。

街角でよく見る試供品の配布をVtuberが行うわけですが、バーチャル従業員を導入したら売り上げが伸びたというデータもあるこのバーチャル販売員。人が配布するよりも商品の認知度が大幅にアップするでしょう。

これからますます商品のPRなどに、トークやダンスはお手の物であるVtuberたちが重宝されるようになるかもしれませんね。









Copyright © 2019 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「Vtuberがトラックで試供品をお届け!「バーチャル貨物トラック」名古屋で運行へ