住宅やビルなどの3Dモデルを現実空間に配置できるエンタープライズARアプリ「BUILDAR」の提供を開始

AR(拡張現実)/ VR(バーチャルリアリティ)/ MR(複合現実)事業を手がける株式会社アイデアクラウドは、2018年1月30日(火)、iOS11の「ARKit」を利用した、家やビルなどの建物3Dモデルを実空間に配置できるエンタープライズARアプリ「BUILDAR」を提供開始したことを発表した。

現実空間に重ね合わせて建物3Dモデルをバーチャル配置

「BUILDAR」はカメラ取得した空間情報を元に、現実空間に家やビルなど予め登録された3Dモデルを配置できるARアプリケーション。

ARKitにより空間把握を行い、現実空間に配置した3Dオブジェクトに実際に近づくことも可能で、配置した3Dモデルから、建築前の完成予想イメージの確認や、建築の様々な意思決定の補助を目的としている。

また「BUILDAR」は、今までのVRでの不動産プレゼンテーションシステムの「一緒に体験できない」「操作方法が難解」「VRヘッドセットを装着したくない」「ハードウェアの導入コスト」「体験者の表情が読み取れない」などといった課題を解決するために開発されている。

実際の土地に原寸大で3Dモデルを設置し、部屋も内覧するデモ動画

縮小して全体の構造も把握可能

実際の大きさで配置する機能だけでなく、3Dモデルを縮小して、どんな大きさでも表示可能なため、今までの模型の代わりとしても利用でき、全体の構造やイメージを把握することができる。

縮小サイズで設置回転なども可能

各フロア移動やミニマップにも対応

原寸で設置した際、フロアが多階層となっている場合、フロア間を簡単に移動ができる機能があり、地上階だけでは無く、全ての階のイメージや構造を把握することが可能。

また、ミニマップ機能により現在地が表示されるので、ARで設置された建物の中で、今自分がどこにいるかも一目で分かるようになっている。

今後の展開について

今後は建物をクラウド上で管理し自由に建物モデルを変えられる仕組みや、複数の端末間で同一の建物モデルを認識して共有できる機能を実装予定。

より多くの人に体験してもらい、楽しめるようアップデートや新機能の開発を進めていく方針だ。

アプリの提供方法について

「BUILDAR」アプリは一般配布などは行わず、ハウスメーカーやデベロッパーその他業種の法人と契約し提供する形を想定している。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

Copyright © 2018 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「アイデアクラウドがエンタープライズARアプリ「BUILDAR」の提供を開始