ネットサーフィンしたままTwitterが確認できる裏ワザ★

Safariでネットサーフィンをしながら、気になったらTwitterを確認する、という作業はよくやっていらっしゃるのではないでしょうか。

ホームボタンをダブルタップし、safariからTwitterアプリへ切り替えているのではないでしょうか。

実は、safariにとどまったままTwitterが確認できる裏ワザがあるのです。

まず「設定」を確認します

「設定」→「Twitter」→「アカウントの使用を許可するAPP」でTwitterのアプリがオンになっていることを確認しましょう。

つぎに、safariを開いた状態で右下の本「ブックマーク」をタップします。

画面上部「@(共有リンク)」をタップすると、Twitterのタイムラインを確認することができます。

「@(共有リンク)」に何も表示されない場合は、右下「登録サービス」をタップし、「SNSアカウント」がオンになっていることを確認してください。

コメントのみのツイート・返信・DMなどは見ることができません。
URL付きツイートのみを抽出して表示がされています。ツイートをタップするとそのままリンク先に飛べるようになっています。

いかがでしたか?

Twitterで話題の記事などを読んだり、共有したりするときに便利です。

話題をサクッと確認したい時、Twitterタイムラインをこそっと確認する時に是非使ってみてくださいね。

情報提供元:hint
記事名:「【Twitter】Safariから簡単にタイムラインを確認する方法