猫が食べながらしゃべる理由は、肉のうまさと独り占め本能によるものと言えましょうか。 人が見ても、美味しそうな肉塊。自らの顔ほどもあるビッグサイズとあらば、目の色が変わるのも必然であります。独り占めしたい、そして今すぐ食べたい、という2つの欲望が重なり合った子猫の、微笑ましい姿をご覧ください。
特別なご飯を目の前に、すっかり夢中なベンガル子猫。小さな前足でしっかと肉を押さえて、カロリーの高そうな脂身を美味しそうにペーロペロ。同居の子猫が、私も欲しいとばかりに顔を出しますが、分けるつもりは無いようです。肉を食んではウーウーと威嚇、隣の猫が顔を寄せればシャーと威嚇。しかしながら子猫は食べるのに必死。威嚇もおざなりで、申し訳程度のシャーとなっております。隣の猫も「この子、アタシにくれないよ」と、助け船を求める視線を、カメラに投げる余裕を見せています。 [Sweet kitten gone BAD!!/YouTube]



【関連記事】
50個の段ボールで作る猫の遊び場、跳んで跳ねての大興奮
お菓子の袋でDIY、猫が跳び付く使い捨てオモチャ
耳が聞こえぬ聡明な猫、手話のサインを理解する

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「肉の塊に夢中な子猫、威嚇もモグモグ食べながら