手揉みによる深きリラクゼーションで、増幅される猫のゴロゴロこちらの寝息が天然物だとしたら、こちらの寝息は手塩に掛けた養殖物といったところでしょうか。 寝息ゴロゴロマイク集音シリーズに新しいジャンルが発掘されました。素材の力を生かしたナチュラルな音とは違った傾向のゴロゴロ音が楽しめるものと思われます。
一般的には、眠る猫を起こさぬよう静かにマイクを向けて集音する日本野鳥の会方式が主流のこの界隈に、手業によって猫を人為的により深いリラクゼーションへと導き、ゴロゴロ音の質感を増幅させようとする一線を画した試みであります。 猫を仰向けに抱き、人肌保温と手揉みマッサージでゴロゴロ音は力強さをトッピング。野菜マシマシニンニクマシマシアブラ多めのゴロゴロ音のできあがり。抱かれ揉まれる猫の顔には恍惚とした表情が浮かんでおります。この表情とゴロゴロ音とが相まって、ラーメンのようでラーメンではないあの食べ物を足繁く食べに行く人々のように、何度も何度もリピート再生してしまうのであります。 [Relaxed cat purring into the microphone/YouTube]

【関連記事】
しなやかな前脚のバネのサスペンション、猫は揺らすよ新入りを
内倒し窓に挟まり宙に浮く猫、通りすがりの人が救出
理由が分かると二度見は必至、猫はなぜ通せんぼしたか

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「手揉みによる深きリラクゼーションで、増幅される猫のゴロゴロ