人生の枠をはみ出し遊ぶ猫、自由な生き方見せつける ああ、このくらい自由に生きられたらいいなぁ。 横にたたずみ眺める茶猫はそう思っているのかどうか、定かではありませんが、他人から与えられた人生という小さな枠にとらわれず自由な生き方を闊歩する子猫の姿をご覧いただき、明日からの人生に生かしていただければ幸いです。
ボードゲームの定番、人生ゲームの空き箱をオモチャにするのは黒白ハチワレのひまわりちゃん。天面には大きな窓が開いているように見えますが、皆様ご存じの通り、透明のセロハン状のシートが貼ってありまして、このように箱の中の猫の様子を観察できる隠れた機能があることが判明した次第です。 その模様をうらやましげに見守る茶トラのひのきちゃん。先輩風を吹かせて「お前の人生、そんな小さな枠でいいのか」と諭しているようであります。その言葉に反応したのか、はたまた偶然なのか、箱を抜け出したひまわりは、箱の上へとピョイっとダイブ。他人から与えられた人生なんてこうしてこうしてこうだといわんばかりであります。ああ、若いって、生命力って、こういうことなんだなぁと感じるのは、やはり加齢のせいでしょうか。 [人生ゲームを楽しむ子猫/YouTube]

【関連記事】
シルバニア一家の事務所を襲う猫、床板越しに標的を狙う
君が代のピアノ独奏聞きながら、猫は佇むほぼ不動で
鼻触れてドミノ倒しのビスコの箱、責任察して猫は固まる

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「人生の枠をはみ出し遊ぶ猫、自由な生き方見せつける