人力であり尚かつ自動ドア。猫にとっては自動ドアということで、この表現で間違いではありません。 なぜ開くのかというと、こういうことであります。
ニャーと鳴けば内側から開く、または猫用ドアが外から開けられる仕様は、猫用ドアとしてよく見られますが、こちらのお宅は人力の自動ドア。家のなかから撮影した動画では仕組みがよく分かりませんが、猫が窓際で立ち上がると、みんな聞いたことのあるあのメロディ。思わず起立礼着席したくなるウズウズ感は久々であります。 種明かしは動画の後半から。壁面に取り付けられたグレーのボタンかと思わせておいて、本当のボタンはその右側。両足で押す猫専用チャイムが設えておりまして、これにヒョイと前脚を乗せると、家の中にあのチャイムが響き渡るということであります。窓が開いて帰宅したときの、さも当然といった顔はなんとも猫らしい表情です。 [Baby Cat Ringing His Doorbell/YouTube]

【関連記事】
ベッドを占拠し脚伸ばす猫、我が物顔とはまさにこのこと
自分から率先して歯を磨く猫、早く寄こせと身を乗り出して
突然に迫るカメラに動じぬ猫、睦まじき様を世界に見せつけ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「鳴き声も上げずに窓開ける猫、 チャイムのメロディなぜかあの音