もうお互いのことしか見えておりません。 ヤギとかとかアルパカとかロバとか、ああいう生き物と猫との相性の良さは一般的に知られるところでありますが、巣鴨でよく見かける中学生カップルみたいなくっつき方をする猫とラマの動画を見つけましたので、ご覧いただくといたしましょう。
柵の上にどっしりと陣取り微動だにしないおかっぱ頭柄の猫の名はPsyco、そしてPsycoにピッタリ頭を寄せてそこから動かないラマの名はJB。互いに他のラマに興味を向けることもなく、とにかくチュッチュと鼻を付け合い紛うことなき相思相愛ヘブン状態。JBはときおりカメラをじっと見つめますが、見せつけるように一瞥しながらPsycoにスリスリ。Psycoのほうもそれが当然といった表情で、胸を貸しております。 他の日に撮影された映像でも、終始こんな感じでしたので、前世でなんかあって現世で再会したんじゃないかと思われる次第です。 [Cat and llama are friends/YouTube]

【関連記事】
茶トラの子猫の3兄弟、連れ立ちヤギ小屋大冒険
無慈悲な猫のソフトな喧嘩、ギャラリー無視して殴り合う
尾を立てて颯爽と歩くフワフワ子猫、アルパカたちの目をくぎ付けに

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫とラマの静かで激しき相思相愛、カメラの前でも片時も離れず