そもそも犬が人になつくのはなぜ?

Adorable brown and white basenji dog smiling and giving a high five isolated on white

De Repente/shutterstock.com

人間になついて信頼関係が築ける動物の中でも、犬は特に人間と強力なパートナーシップを築けるといわれています。

人間と犬との交流の歴史はかなり古く、古代の遺跡跡から人間と寄り添う犬の骨が出土したり、古代文明の壁画に犬と生活する様子が描かれていたり、日本では縄文時代から犬は家族の一員になっていたと言われており、人間と犬は長きに渡って交流を持ってきました。

しかし野生動物として暮らしていたのに、どうして人間になつくようになったのでしょうか?

どういう経緯で犬が人間に飼育されるようになったのかについてはまだ謎が多いそうですが、おそらく人間の生活圏内の近くにオオカミがテリトリーを持って生活していたときに、人間の食べ残しやごみをあさったりして、徐々に距離が近づいたのではないかといわれています。

警戒心が強いオオカミですが、何度も人間の居住区に近寄って人間と交流を重ねるうちに、オオカミの群れの中でも警戒心や攻撃性が低く、従順な性格のものが犬として飼育されるようになり、人間になつくようになったのではないかというわけです。

人間になつくようになった犬は、狩りなどの日常生活の中で、お互いにサポートし合えることに気が付き、現在のような共生関係を築いていったともいわれています。

人間は犬という相棒を得たことでより多くの仕事を効率的におこなえるようになり、犬は安定的な食事の確保と安全な寝床を得られるようになりました。

長い年月を共に過ごし助け合って生活するうちに、人間と犬には強い信頼関係が生まれ、初めは仕事のパートナーとして、のちに現在のように家族の一員として暮らすようになりました。

情報提供元:mofmo
記事名:「【犬があなたになつく方法5つ♪】しつけじゃダメ!誰でもできる犬がなつく方法とは?