猫が夜走り回る理由

猫 走る

Volks/shutterstock.com

猫が夜走り回る理由の一つは、 元来猫が夜行性の動物だからです。 猫は狩りをして生きてきた肉食動物なので、 やはり夜に行動を起こします。 人間と生活するようになり、 そんな猫も人間の生活リズムに合わせてきてはいますが、 やはり時々本来の夜行性の血が騒ぐのかもしれませんね。 日中飼い主さんが居ない場合、 猫はお昼寝をして過ごしています。 飼い主さんが居る夜、 走り回るのは一緒に遊びたい気持ちの表れでもあるんですよ。 お留守番中に一人で遊べるおもちゃや、 キャットタワーの設置をしつつ、 一緒に居る時間は楽しく遊んであげてくださいね。

猫が夜走り回る時の対処法

猫 走る

Nils Jacobi/shutterstock.com

猫が夜走り回る時の対処法としては、 一緒に遊ぶことです。 猫の集中力は長くても10分です。 10分思いっきり遊んであげると、 猫も満足して落ち着きます。 幼猫や、活発な猫はその10分を2回ほど繰り返してあげれば 最高に機嫌がよくなりますよ。 お気に入りのおもちゃを使って遊ぶだけでなく、 追いかけっこやかくれんぼもおすすめです。 一緒に動き回ると、普段気にしていない、体の動き方もチェックできるので、 何かあった時に、些細な変化に気がついてあげることもできます。 夜に走り回ると、内臓も活性化して、 便通もよくなります。 そんな時は、 大興奮して走り回る猫もいますよ。

猫が夜に走り回ることを「運動会」と呼ぶ

猫 運動会

Andrey_Kuzmin/shutterstock.com

猫が夜になると走り回る様子を、 飼い主さんたちの間では 「運動会」と呼んでいます。 突然一人で三角飛びなどを披露してくれたりするので、 初めて見た飼い主さんは驚くかもしれません。 けれど、運動会なので、 いくつか競技が終われば落ち着きますよ。 猫が溜まっていたストレスやエネルギーを一気に発散する行動なので、 夜、走り回ることは猫の習性だと思って、受け入れましょう。

猫は夜走り回る まとめ

猫 走る

Sergey Nivens/shutterstock.com

どんな猫も 毎日夜走り回るという訳ではありません。 飼い主さんや、家族と過ごす時間の中で、 一緒に遊びたい気持ちを表している場合があるので、 夜走り回る場合は、まずは一緒に遊んであげてみてくださいね。 猫だけで走り回り、すぐに落ち着く場合は、 トイレをチェックしてみてください。 快便を喜んで走り回る姿も愛らしいですよ。 子猫の場合は、むやみやたらと走り回りますが、 1歳を過ぎると、徐々に落ち着いて来ます。 子猫の時の夜走り回る時間は、 そう長く続かないので、 飼い主さんも一緒に遊んで過ごしてあげてくださいね。 もし、子猫と老猫が一緒に生活している場合は、 老猫にストレスがかからないように、 走り回る子猫は、違う部屋で遊ばせるなどの配慮をしてあげてくださいね。

情報提供元:mofmo
記事名:「夜に猫が走り回る理由を詳しく解説!