穏やかな犬種ベスト5〜大型犬編〜

1位 ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリバー

David Sokoler/shutterstock.com

明るくて、陽気で、温厚な性格のゴールデンレトリーバーは、まさに理想的な家庭犬!

穏やかで飼い主に忠誠をつくし、愛情をたっぷり注いでくれる性格のため、盲導犬やセラピードッグとしても活躍しており多くの人に愛されています。

体格がよくパワフルですが、攻撃性がなく、噛みついたり威嚇することもほとんどありません。

大型犬ながら室内飼いに向いた犬種で、幼いときから飼い主の傍で生活させればトイレも教えた通り覚え、いたずらもあまりせず、子どもにも優しく接することができるようになります。

長い被毛のお手入れは毎日必要ですが大切なコミュニケーションの機会です。

人にも犬にもフレンドリーで、うまく付き合うことができる穏やかな犬種です。

2位 ラブラドールレトリーバー

ゴールデンレトリーバーとよく似た気質を持った、とても温和で従順な穏やかな犬種。

空気を読む能力に優れているので、盲導犬や介助犬としても活躍していますよね。

ゴールデンレトリーバーより少しやんちゃな面があるので、子どもの頃のしつけは必須。

誰に対してもフレンドリーで番犬には不向きですが、家族の一員としてかけがえのない存在になってくれることでしょう。

3位 セントバーナード

セントバーナード

hiroworks/stock.adobe.com

「アルプスの少女ハイジ」で有名になったセントバーナード

性格は、優しくて、賢くて、のんびり屋さんです♪ 見るからに穏やかな犬種という雰囲気が漂っていますよね。

特に子どもに対しては寛容な一面を見せ、遊び相手になったり、面倒を見たりしてくれます。

その体格と忍耐強さを生かして、山岳救助犬としても活躍しています。

4位 グレートピレニーズ

厳寒のピレネー山脈で、牧羊犬として活躍してきたグレートピレニーズは、まさに「気は優しくて力持ち」をそのまま実現したようなな犬。

家族や子どもたちに対して、穏やかで優しく、寛容な態度で接してくれる穏やかな犬種です。 また、いざという時には果敢に行動を起こせる、勇気ある犬でもあります。

5位 アイリッシュセッター

アイリッシュセッター

roman_sadovnikov/stock.adobe.com

猟犬に分類されるアイリッシュ・セッターですが、その性格は、何事に対しても陽気でお茶目。

ちょっとしたことには動じず、精神的な強さもる穏やかな犬種です。

社交的で、家族と一緒に何かをするのが大好き。ただし、飼育するには充分な運動量が必要なので、室内飼いには向きません。

情報提供元:mofmo
記事名:「性格が穏やかな犬種って?穏やかな犬種ベスト5!