豆柴の歴史

「小柴」と呼ばれていた柴犬

Redhead dog Japanese Shiba Inu breed with a cheerful muzzle

Akbudak Rimma/shutterstock.com

実は戦前から「小柴」といわれる体格の小さい柴犬が存在していました。

狩猟犬として活躍していました。

縄文柴、または縄文犬ってどんな犬

縄文柴、縄文犬は弥生犬と共に日本犬の祖先にあたります。

縄文時代から狩りの供として人間と共に生活してきました。

最近やっとKCジャパンの血統書が公認

豆柴とは小さめの柴犬のことで、標準体高に満ちていない日本犬や柴犬のことの呼び名なのです。

ですから豆柴は正式な犬種には登録されていませんでした。

最近ようやくKCジャパン(日本社会福祉愛犬協会)が血統書の規定を公認しました。

柴犬とどう違うの?

豆柴との違いは大きさです。

表情も子犬のように可愛らしく、幼い顔つきをしています。

情報提供元:mofmo
記事名:「豆柴ってどんな犬?性格や飼い方やしつけ方について解説