可愛い動物たちに癒されたいときに、買い物の途中でも寄り道してしまうのがペットショップですよね。可愛い子犬が並んでいるいてガラスの中を覗き込んでは、ほほえましい様子に笑みがこぼれるものです。実はガラスケースに、生後間もない子犬並がぶようなペットショップは世界ではあまり見られない光景です。

一部の動物愛護先進国では、そのような販売方法は禁止されていて、虐待とみなされることもあるそうです。そんな日本のペットショップで犬たちはどのような生活を送っているのでしょうか。また、ペットショップの隠された問題点にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.犬がペットショップに来るまで

箱に入れられた子犬

Grigorita Ko/shutterstock.com

ほとんどのペットショップでは、契約しているブリーダー、繁殖業者から子犬を買い取るか、取引市場から競りにて購入してきて店頭で販売を行なっています。

以前は生後45日以降の子犬がペットショップにやってきていましたが、あまりにも幼い子犬を母犬や兄弟犬から引き離してしまうことは、アレルギーや社会化不足など、様々な問題があると考えられ、『動物愛護及び管理に関する法律』が一部改正されました。

この改正平成25年9月1日から施行されて、改正後は「生後56日(8週齢)に満たない犬猫の販売、引き渡し、展示は禁止」とされています。健康や社会性を養うのに重要な週齢をできるだけ親元で過ごさせるようになりました。

2.犬がペットショップで過ごす一日

ペットショップに来てから犬は、どのようなお世話をしてもらい一日を過ごしているのでしょうか。新しい家族のもとに行くまでに健康を保てるようにどのようなことがなされているのでしょうか。

1.健康管理

予防接種する犬

JPC-PROD/shutterstock.com

ペットショップで最も大切なことは、子犬の健康を守ることです。子犬の時期はワクチン接種が完了しておらず、免疫力が低い状態であることも多いため、病気にかかりやすいと考えられます。

さらにペットショップには、多くの子犬や子猫を始め、様々な動物がおり、不特定多数の人が出入りしているといった環境です。そのため、いつどのような病気に感染するかわからない、ある意味非常に危険な環境とも言うことができるでしょう。

そんな中で健康的な体を育てるためには、週齢にあった食事と十分な睡眠が必要になります。しっかりと休息を取って、ストレスを抱えないようにするため、動物愛護法の改正で「犬猫の夜間(20時~翌8時)展示が禁止」されるようになりました。

2.社会化

可愛い二匹の子犬

OlesyaNickolaeva/shutterstock.com

ペットショップにいる子犬は、病気を避けて健康を守るとともに、ほかの犬や人に慣れるといった社会性も身に着けなければなりません。生後3~4ヵ月頃までの「社会化期」に、どれだけの人や犬や物に触れ合い、受け入れることができたかによって、その後の犬の気質や行動が変わるとも考えられているそうです。

子犬はワクチン接種が終わって、獣医さんからのOKが出るまでは外で散歩させることは病気にかかるリスクがあるので避ける必要があります。地面は不特定多数の犬が歩いた場所であり、感染症にかかっている犬も歩いているかもしれないからです。子犬は好奇心旺盛ですから、地面を嗅いだり舐めたりしてしますので、感染するリスクが高くなってしまうでしょう。

そのため、ペットショップ内で病気感染がない子犬同士を遊ばせて、清潔な環境下で店員さんと触れ合い、社会性を身に着けていきます。また、最近ではパピースクールなどと称して、社会化とともにトイレや甘噛みのしつけなどを行なっているペットショップもあるようです。

3.求められる時期

可愛い子犬

manushot/shutterstock.com

生後間もない子犬は本当に可愛いですね。ペットショップで多くの人だかりができているのは、そのような子犬たちの周りではないでしょうか。では、その子たちは何歳までペットショップで過ごしているのか?と言いますと、実は生後半年未満の子達がほとんどだそうです。

犬の需要とされる年齢は相当に短く、人気の犬種などによっては例外がありますが、基本的に子犬が高値で引き取りされるのは生後3か月未満がほとんどです。そこから人気にかげりが出始め、半年を過ぎたころにはもう売れ残りの対象になってしまうのです。

その為、次から次へと新しい子が入ってきて、もと居た子たちが止むなく出ていくという結果になってしまうのがペットショップでの実情です。

情報提供元:mofmo
記事名:「ペットショップの犬はどんな一日を過ごすの?売れ残った犬は一体どうなるの?