犬はおやつが大好きです。いつもらっても嬉しいですし、いくらでも食べてしまいます。飼い主さんも愛犬のおねだりする姿を見ると、その可愛さについついあげてしまうことがあるでしょう。

でもそれはもしかしたら、愛犬のためにはなっていないこともあるかもしれません。犬におやつを与えてはいけないタイミングというのはあるのでしょうか。おやつはどのくらいの量をあげることができるのでしょうか。

1.おやつを与えてはいけないタイミング

おやつを食べる犬

ThamKC/shutterstock.com

あなたはどのようなタイミングで愛犬におやつを与えていますか?犬にとってどのようなときにおやつを与えるかは食生活にも影響を与えることになります。では、まずおやつを与えてはいけないタイミングについて見ていきましょう。

1.犬におやつをねだられたとき

犬がおやつが欲しくて、おねだりしてくるときがあります。そんなときに毎回おやつを与えていませんか?犬が要求するままにおやつをあげてしまうのはダメです。いつでもおやつが貰えると勘違いしてしまい、ドックフードを食べなくなってしまうことにつながります。

そして、自分の要求が通るまで吠えたり、唸ったりするようになることもあります。問題行動につながってしまい、飼い主さん自身も困ってしまうことになりかねません。自分のほうが飼い主さんより偉いと思い込んでしまうことになるでしょう。

飼い主さんが自分よりも下の存在と思うと、威嚇したり、吠えたり、噛みついたりしてしまうこともあります。飼い主さんと犬の関係が崩れてしまうことにもつながりますので、気をつける必要があります。

2.犬がワガママをしているとき

犬が問題行動をしているとき、なだめるためにおやつを与えてはいけません。犬は問題行動を起こしたときにおやつをもらうと、次も貰えると思い込んで、おやつが欲しくなると物を壊したり吠えたりするようになります。

一度癖になってしまうと直すのは時間がかかるため、初めからそういった場合には与えないのが一番です。もしすでにそのような行動が始まってしまっている場合は、すぐにしつけをしなおすことが必要でしょう。

飼い主さんだけではうまくいかないようであれば、獣医さんやプロのドックトレーナーさんに相談してみると良いでしょう。ドックトレーナーと一緒に飼い主さんが訓練を行なって、飼い主さん自身も一緒に勉強することができるでしょう。

2.おやつを与えるタイミング

おやつを食べる犬

Africa Studio/shutterstock.com

おやつを与えてはいけないタイミングがあるということはどんなタイミングならおやつを与えてもいいのでしょうか。人間の子どもになら、おやつの時間は午前10時と午後3時と決まった時間に与えることを考えると犬も時間を決めて与えるのがいいのでしょうか。

犬におやつを与えるタイミングは、しつけやトレーニング際のご褒美としてや食事の合間に間食として与えることが一般的です。何の意味もなく「愛犬が可愛いから」と特に決まりなくおやつをあげることはワガママな子に育ってしまうことにつながるのでやめましょう。

愛犬におやつを与えるときには「これをしたらご褒美をもらえるんだ!」と、きちんと意味を持たせるように意識して与えることが必要です。まだ「おすわり」も「お手」も何もできない子の場合には、「おいで~」と呼んで飼い主さんのもとに来たときに、褒めてご褒美としておやつを与えることもできるでしょう。

留守中や犬にかまってあげられないときに、犬の気を紛らわすためにガムや知育玩具に詰められるような長持ちするおやつを与えることもできるでしょう。状況や場所によっておやつを与えるタイミングなどを変えることで、愛犬が留守番するときにもいいことがあると思えるならば効果的な方法と言うことができるでしょう。

ただ、しつけのご褒美はおやつを与えることに限らないことも大切です。おやつを使ってしつけが成功したなら、徐々におやつを与えるご褒美スタイルから、一緒に遊んだり、体中を撫でまわしたりして褒めてあげるスタイルに切り替えていくこともできるでしょう。おやつがなくても飼い主さんの言うことに従うことができるようになるでしょう。

また、犬は成犬(1歳頃)になると、毎日の食事の回数が3回から2回に変わります。食事の感覚が空くので、身体が慣れるまではお腹が空きすぎてしまって、我慢できずに白い泡を吐いてしまう子がいるので、それを防ぐために間食としておやつを与える場合もあります。ただ間食が癖になってしまい、ドックフードを食べなくなってしまう場合があるのでほどほどにしましょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬のおやつのタイミングや適切な量って一体どのくらいなのでしょうか?