「ワンちゃんたちと一緒に住みたい!」「もっとワンちゃんが居心地よく住めるような環境にしたい!」と考えている方にワンちゃんとスペースづくりについてご紹介したいと思います。ワンちゃんたちと私たち人間がどちらも心地よく生活するにはいくらかの工夫が必要になってきます。

ワンちゃんたちの心地よさ・安全を確保すると同時に私たち飼い主や近所の人のことも考えなければいけませんよね。そうしたことを含めたワンちゃんためのスペースを作る時の大切なポイントをご紹介しますね。

ワンちゃんのためのおすすめの場所は?

リビングルームでくつろぐ犬

Africa Studio/shutterstock.com

ワンちゃんたちが生活する主なスペースをどのように確保しますか?

ワンちゃんの快適なスペースづくりのためには、まずワンちゃんが住む場所を決めなければいけません。ワンちゃんが生活するおすすめの場所はどんな場所があるでしょうか?

ワンちゃんの生活空間はどんな場所が良いの?

犬のいる空間

New Africa/shutterstock.com

ワンちゃんが心地よく生活するためのポイントはたくさんありますが、それは最初の場所選びがとても大切になってきます。

その中でもとても大切な点として、飼い主さんの目が行き届く場所であることが挙げられます。どんな場所であろうと、ワンちゃんが寂しさを感じたり、ほとんどの時間を放っておかれたりするような場所は避けなければなりません。

ワンちゃんの生活空間は飼い主さんのすぐ近くに用意すると良いでしょう。そうであるなら、ワンちゃんの必要にもすぐに応じることが出来ますね。

室外派?室内派?

ワンちゃんの生活スペースは主に室外か室内に分かれます。お庭があるお家では外でワンちゃんを飼うことがあるでしょう。お庭が無い場合や、ワンちゃんの特徴を考えて室内で飼うようにしている方もおられるでしょう。

室外と室内はどちらが良いのでしょうか?どちらとも言えません。ワンちゃんの特徴と飼い主さんの生活パターン、近所の状況に合わせて決めてあげるようにしましょう。

室外のメリットは飼い主さんのお家を清潔に保つことができるという大きなメリットがあります。

ワンちゃんと生活すると、どうしてもお家の中や洋服が毛だらけになったり、汚れが付いたりしがちです。生活空間をしっかりと分けることで掃除などにかかる手間をワンちゃんとのスキンシップなどに費やすことができます。

室内のメリットは、ワンちゃんといつも一緒に過ごすことが出来るという点でしょう。飼い主と同じ生活空間なのでワンちゃんと接する機会も増えます。また、近所にも比較的迷惑がかかりづらいとも言えるでしょう。

ワンちゃんのためのスペースを作る時の大切なポイント

可愛い犬とおしゃれなインテリア

Africa Studio/shutterstock.com

ワンちゃんの生活場所を決定することができたなら、その場所をどのような空間にしますか?

なるべく、ワンちゃんが心地よく生活できるようなスペースを作りたいと思うのではないでしょうか?そのために大切なポイントをいくつかご紹介しますね。これらの点をしっかりと考え優先順位を定めてみてください。そうするなら、自然とどんな空間にするかが分かることでしょう。

日当たりを考える

ワンちゃんにとって日当たりを考えてあげることは大切です。ワンちゃんが日光浴できる場所と、日光を避けることができる場所両方が含まれていることが望ましいでしょう。

暑い時期にはワンちゃんも日の当たる場所にいたくないものです。直射日光を浴びすぎるなら、ワンちゃんは熱中症になってしまうかもしれません。

また寒い時期のことも考えてあげるようにしましょう。そうした時期には日当たりが良く、暖かい場所を好むようになります。ワンちゃんが気持ちよさそうに日光浴している姿を想像できるかもしれません。

ワンちゃんにとって日光浴はとても大切です。ワンちゃんの意志で日当たりを調整できるなら一番良いでしょう。

暑い時期と寒い時期でワンちゃんの生活場所を変更してあげることも1つの良い手段だと言えます。

温度管理

夏の部屋と犬

Y Photo Studio/shutterstock.com

温度管理も大切です。室内であれば空調設備が整っている場所で生活させてあげるようにしましょう。空調設備のある場所での生活ならワンちゃんはとても楽に過ごすことが出来るでしょう。

室内犬に対して、気を付けてあげないといけないことがあります。それは飼い主さんが留守の間の室温です。夏になると熱がこもり、場所によっては室内よりも温度が高くなることがあります。ワンちゃんがそのような中で過ごすことが無いようにしましょう。

室外でワンちゃんに過ごしてもらうなら、注意が必要です。暑い時、寒い時の対処が必要でしょう。夏は日陰が必ずあるようにしましょう。冬の非常に寒い時期には一時的に室内に入れてあげることも出来ます。

空気の流れがある・換気できる

空気をきれいな状態に保つようにしましょう。室内であればしっかりと換気をしてあげることは大切です。

新鮮な空気はワンちゃんにとってだけでなく、一緒に生活する飼い主さんや家族にとっても大切です。空気中にはワンちゃんの被毛、それに付着した細菌たちがたくさんあります。そうしたものを定期的に追い出すようにしましょう。

室外であれば、空気の事は考えないで良いでしょうか?基本的にはそうです。しかし、周囲の状況・建物などを考慮しましょう。たくさんの車が通る場所であったり、工場があったりするなら、空気は非常に汚れているでしょう。そのような場合は室内で過ごす方が健康的なのです。

薄暗く狭い空間がある

ワンちゃんは薄暗く狭い空間が好きです。そうした環境で心を落ち着かせることが出来るのです。私たち人間にも一人でホッと一息つける場所があるはずです。ワンちゃんにも可能であればそのような機会と場所を用意してあげてください。

そのような場所が寝床として用意されているならなお良いかもしれません。室外であればワンちゃん用の小さなお家を用意してあげるのは良いことです。そこが雨風、直射日光を防ぎ、安心して眠ることが出来る場所となるのです。

室内であればケージなどの毛布や薄い布などをかぶせてあげるだけでも効果があります。

ワンちゃんが心を落ち着けるためには広い場所ではなく、狭い場所が必要です。生活空間自体は広くしてあげるならストレスは溜まりづらいことでしょう。それでも、その中に狭くて暗い場所を作ってあげることが大切なのです。

ですから、ワンちゃんの寝室やお家は大きいものでなくて良いのです。なるべくワンちゃんの身体に合ったものを用意してあげてくださいね。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬と暮らす部屋づくり!犬が快適に暮らせる環境の整え方についてまとめてみました!