時代劇ファンならよく知っている、本所深川の武家屋敷があった墨田区を巡る

Tokyo, Japan Sumida skyline.

Sean Pavone/shutterstock.com

東京都墨田区は、昔は江戸城の東に位置して、武家屋敷が並ぶ地区でした。

有名なのは、吉良屋敷があった、本所松坂町でしょう、元禄時代に赤穂浪士四十七士が主君浅野内匠頭の仇を打つべく、吉良上野介のいる吉良邸に討ち入ったのは有名です。

この吉良上野介は悪役で有名ですが、吉良家は、室町幕府の将軍家、足利一門の中でも名門中の名門です。

今川氏真の血筋であり、また上杉家とも親戚筋なので、名家好きな徳川家康に引き立てられていたようです。

敵役ではありますが、家柄でいえばかなり上の家柄ではあり、赤穂事件と呼ばれるこの事件は真相がよくわからないというのが、本当のところで、浅野内匠頭が吉良上野介に対して、遺恨があるということはわかっているのですが、遺恨の内容は不明です。

今、我々が知っているのは、仮名手本忠臣蔵という歌舞伎や浄瑠璃で演じられている話であり、史実かどうかはわからない話です。

本所というところの話は大名や武家の屋敷が並んでいたので、色々と逸話が残っています。

この元禄という時代は、わんちゃんをペットとした文化も花開いた時期ですが、悪法である生類憐れみの令を出した、犬公方綱吉の時代でもあります。

なんにせよ、犬が殺されずによかったと思う飼い主さんもいると思います。

武家屋敷の多くは度重なる江戸の大火事で焼けて、移転を繰り返したようですが、振袖火事など江戸の6割が焼失した凄まじい火事もあったので、どこに行っても同じではないかとも思います。

明治を経て昭和に入り、東京は太平洋戦争で一面焼け野原となり、この墨田区や隣の台東区、江東区などこの辺りは非常にたくさんの人が焼け出されてしまった土地です。

それから戦後の復興で今の下町情緒の溢れる土地となっています。

葛飾区から、台東区、墨田区にかけては、こちら亀有公園前派出所で、両津勘吉の実家があり、勤務場所の派出所あり、度々舞台となっている場所でもあります。

そんな下町風情もあり、観光地でもある、墨田区をわんちゃんとめぐるスポットを紹介してまいります。

隅田川沿いにある大きな公園 墨田区立隅田公園をわんちゃんと散策

visit-sumida.jp

隅田公園は隅田川沿いにあり、有名な桜並木や整備された河川敷の中にある公園です。

隅田川を挟んだ、対岸の台東区側にも隅田公園があり、同じように河川敷を整備した公園で、区民の憩いの場になっており、わんちゃん連れには散歩の楽園でもあります。

隅田川というと、花火大会、花見、滝廉太郎の唄などで日本人には馴染みが深い川です。

中でも花火大会は凄まじい人出で、約100万人が見物にくるとのことです。

花火も第一、第二会場合わせて20000発という破格の数が上がるので、この人出も当然といえば当然かもれません。

この隅田公園は第一会場のすぐそばなので、当然大混雑で、朝7時ごろには埋まっているとのことで、流石にわんちゃんを連れては行けないので、別の場所を探すのが無難だと思います。

帰りは帰りで100万人が一斉に帰るのでいつ帰れるかわかりません。

まぁ大体花火は慣れているわんちゃんじゃないと、怖がってしまって見物どころではない状態になってしまうので、連れて行くにはちょっと考えてしまうイベントではあります。

隅田川の花火はスカイツリー同様、墨田区のどこにいても見えるので、穴場はそこかしこにあるので、もしわんちゃん連れて行くにしてもそういう場所を事前にリサーチして行きましょう。

さて、墨田区の街並みですが、昭和の匂いのする、古い下町の面影を残しています。

大昔の映画で、日本沈没という映画があったのですが、その時にこの墨田区、台東区、荒川区、葛飾区など、隅田川、荒川、中川に囲まれた地区は、海抜が0メートルなこともあり、避難できない怖い場所だという記憶があります。

日本沈没は1970年代の映画ですが、DVDで見た時には、とてもショッキングな映画でこの地区が地震で堤防が決壊して水没したため被害が出るという設定で非常に怖かった覚えがあります。

この映画、結果的には日本が全部沈むのですが、なぜかこの辺りのシーンだけは明確にショックを受けたのを覚えています。

現実には、墨田区を始めこの周辺は、下町情緒に溢れ、また、上野のアメ横、浅草の雷門、浅草寺を始め、東京観光のメッカとなっています。

隅田川は高度成長時代に水質が悪化し、悪臭を放って、都民から避けられ、忘れられた川になっていましたが、下水道の整備、下水処理施設の性能向上などがあり、また、事業仕分けで有名になったスーパー堤防の整備のおかげで、現在では0m地帯に住む都民には安心の場所、憩いの場所となっています。

そんな隅田川にある隅田公園は、春には300本以上の桜が満開となり、花見客で賑わいます。

公園内には、季節の花もたくさん咲き乱れますので、わんちゃんを連れて散歩すると、目を楽しませくれて、年中飽きません。

江戸時代から花見などで都民の憩いの場所となっている隅田川を満喫できる公園です。

堤防はずっと続いているので、北に登って散歩したり、南に降って散歩したり、向こう岸の台東区側に渡って散策したり、そのまま浅草寺の方まで行ったりと色々と周辺をわんちゃんを連れて遊べます。

  • 墨田区立隅田公園
    スカイツリーを眺めながらのお散歩!
    公園内には、たくさんの花々も!
詳細はこちらから

情報提供元:mofmo
記事名:「 東京の下町情緒あふれる 東京都墨田区周辺をわんちゃんと散策 厳選3スポット