みうらじゅん氏が「ゆるキャラ」というネーミングを付けたのち全国的に大ブームとなり、一時期公式、非公式問わず様々なゆるキャラが沢山生まれました。ゆるキャラ同士の結婚などもあるほどに地域に浸透して、そして人気者になっていきました。今では一過性の流行ではなく定着したイメージがあります。

山形県朝日町のPRキャラクター桃色ウサヒ

電車の駅が無く、山形市への直通バスも1日1往復という秘境山形県朝日町のゆるキャラ「桃色ウサヒ」。この日は救急の日のイベントという事でレスキュー隊長をやったそうです。水色の服と無線がとても決まっていてカッコいいです。しかし、この後のイベントでとんでもない事が!

救急の日のPR、ソーシャルディスタンスが悲しすぎた

みてください。この悲しい絵を。しかし着ぐるみを着て尚人と近寄らないようにする意識の高さ。プロです。

でもなんだかちょっと寂しそうです。

Twitterの反応

たしかに、表情や耳が片方だけ折れ曲がっているあたりにしょんぼり感が出ているように見えます。まあ、どんだけ元気な時でもこの表情だとは思いますが。

元々死んだ目はウサヒさんのチャームポイントのようです。

ゆるキャラにも知名度や格の違いなどがあり、やはり有名どころは凄いようですが、こういった若手(?)の頑張りも見守りたいものです。

source:桃色ウサヒ特設サイト

画像掲載元:ぱくたそ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ソーシャルディスタンスを意識しすぎたゆるキャラが話題に