食品を扱う業者は、特に気をつけなければならないのが、オペレーション中のトラブルであります。たとえば、本来入るべきものでもないものが混入、いわゆる「異物混入」問題は、世界中でどこでも発生しており、度々謝罪するわけですが、こちらの件はとんでもないものが入っていたようです。

箱の中に違う唐揚げが・・・

ということで話題となっておりますのは、こちらイギリスなどで人気の鶏の唐揚げ専門店、Nando's(ナンド)にて提供された商品。

ナンドは南アフリカのレストランチェーンで、特製の火炎焼きペリペリスタイルチキンなど、ポルトガルアフリカ料理を専門としている。

もちろん、鶏肉を専門とするわけですが、今回入っていたのはそんな鶏肉ではなく別の唐揚げだったという。見てみると、既に炭となった黒いもの。一体何なのか。

どうやら蛾のようです。

蛾がサックサクに揚がっていたようで、これを提供された客の男性は大激怒。すぐにナンドにクレームを入れたのだという。

当然のことながらナンド側は謝罪。

もちろんこのような異物混入はあってはならないものです。しかしながらマニュアル化されたオペレーションで、蛾が入ってくることなど想定していないはずであり、頻繁にあるものでもないわけですので、言ってみればこの業界で付き物のアクシデントだと思われます。

こちらの人気ハンバーガーチェーンでも同様の問題がありましたが

今後我々はこのような虫が混入していないか、念入りに注意しなければならず、知らず識らずのうち口に入れてしまう恐れもあります。

Source:MirrorUK

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「某レストラン、メニューにない謎の唐揚げが混入、客が大激怒