日韓関係の悪化が戦後最悪な事態となっていると言われていますが、韓国の一方的なGSOMIA破棄により東南アジア全体の安全が脅かされる事態に陥りそうだと世界が震撼しています。特にアメリカはこの韓国の決定に不信感をあらわにしており、米韓関係も悪化している状態となっています。韓国のGSOMIA破棄が関係悪化を招いたのにもかかわらず、文大統領は日本のせいにしてしまいネットが炎上する事態となりました。

文在寅、米韓関係の悪化を日本のせいにしてしまう。

韓国紙・中央日報によれば、同氏は見送りに出たハリス駐韓米国大使にこう言ったという。
「最近の韓日関係の困難が韓米関係に影響を及ぼしてはいけない」
これは、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると決めたことに対し、米国から不満が噴出していることを巡って出た言葉だろう。

引用 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-13034.php

日韓関係の悪化は米韓関係の悪化に関係しておらず、韓国のGSOMIA破棄が米韓関係の悪化の要因であるのは明白なのにも関わらず、文在寅氏は日本が原因で米韓が険悪化しているような発言をしているとニューズウィークは伝えています。

「韓国外交の不始末を日本に責任転嫁するな」「韓米関係を回復できる節目はいくつもあったのに」「全部日本のせいにするスタイルで草」「アメリカを怒らせているのは文在寅自身だろ」とネット上でコメントも。

韓国では日本製品の不買運動なども盛んに行われており更なる日韓関係の悪化が懸念されますが、東アジア全体の安全のためにも日米韓の密接な連携が必要であることは明らかであるため、3カ国感の良好な関係性維持が望まれます。

画像掲載元 写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「韓国ヤバい!韓米関係悪化をついに日本のせいにしてしまう。