ついに待ちに待った新しいiPhone・・・ではなく、最新モデルよりも若干機能が劣ったり、前のモデルの形状だったりするいわゆる「廉価版モデル」の最新版であるiPhoneSEが発売されたのであります。小型のiPhoneがほしいという方には待ちに待ったモデルではありますが、旧iPhoneSEと比べてどのようなものなのかさっそくつかってみました。

とりあえずアンボックス

なにはともあれ、とりあえずアンボックスを試みます。おなじみのiPhoneの箱に入って送られてきました。今回はキャリアからではなく直接Appleストアより購入。キャリアよりは1万円ほど安いし、SIMフリーなのでSIMロック解除する手間も省けるのでコスパ最強。

開けるとこんな感じです。せっかくなので「Product Red」を購入。まさしくリンゴの赤色といった感じで、知的な感じがGood.背面のテカテカな感じも素晴らしいです。

最新CPUである「A13 Bionic」を採用

旧iPhoneSE(左)と新iPhoneSE(右)を比べてみたところ。大きさは大きくなり、iPhoneSEのコンセプトである(利用者が勝手に思っている)コンパクトで使いやすい。というものではなく、ちょっと大きいがコスパは最強。といったところはよろしいのかと。

というのも、新iPhone SEはiPhone11と同じ最新のCPUである「A13 Bionic」を採用されており、動作はサクサク。またSIMの機能を本体に組み込んだeSIMも搭載されており、見た目は旧モデルだが中身は最新であるのです。

横においた感じです。旧iPhoneSEより更にシンプルとなっております。

ホームボタンがある

さっそく起動してみますと、やはり動作はサクサク。そして安定のホームボタンがあるのは嬉しい。ホームボタンがないと、ついつい押し間違えてしまうのですが、逆にiPhoneXに慣れてしまうと、間違えて上にスワイプさせ癖がついており、またこれも困ったものです

ゲーム動作はサクサクか?

さて、ゲームの動作はサクサクでしょうか。さっそくドラクエウォークを起動、旧iPhoneSEからデーターを移行しプレイしてみると、思った以上にサクサク。

ただし、ソフトウェアの問題もあるので、めちゃクチャ早くなるというわけではないのですが、ストレスは一気になくなります。

iPhone9ともいわれておりました今回のシリーズ

最新CPUで、ホームボタンがあって、片手で持てるいいとこ取りしかしていないiPhoneSEは、最新版iPhone11だとデカすぎて機能が多すぎるという方にはオススメ。

これは2台目持ちなら是非買いだ。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「ついにキタ、新iPhoneSEと旧iPhoneSEを比べてみた、これは買い