サザエさんの子供と言ったらフグ田タラオ、一人息子と思っていましたがなんと衝撃の事実が発覚!なんとタラちゃんに妹がいたことが分かったのです。サザエさんクラスタの方々からしたら常識中の常識なのかもしれませんが、11月24日に放送されるサザエさんの実写ドラマにかなりのレアキャラが登場すると言う事で話題となっています。

フグ田ヒトデとは?

ヒトデは、サザエとマスオの長女、そしてタラオの妹という設定で、1954年に発刊された雑誌「漫画読本」創刊号に掲載された一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に、たった一度だけ登場したキャラクターだ。

引用 https://thetv.jp/news/detail/206936/p2/

サザエさんの中の登場人物は歳をとりませんが、サザエさんの10年後を描いた回にたった一度だけ登場したタラちゃんの妹のフグ田ヒトデ。

放送が決定されたサザエさん実写ドラマでは、そのフグ田ヒトデをなんと桜田ひよりさんが演じると言うことでネット上がざわつく事態となりました。

「11月まで楽しみや!」「幻の公認キャラが登場で胸アツ」「20年後のサザエさんが暗い現実的すぎる」「タラオ妹いるんだ、驚いた」とネット上ではコメントも。

もはや都市伝説並のレアキャラの登場に、今からサザエさんの実写ドラマが楽しみでなりませんね!

磯野家の人々~20年後のサザエさん~ https://www.fujitv.co.jp/sazaesan_20/

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「フグ田ヒトデって誰?サザエさんの実写ドラマで幻の公式レアキャラ登場にネットざわつく。