コロナ禍以降は外から帰ったら入念な手洗いとうがいが「常識」となり、そして外出時にはマスクの着用をする事が「マナー」となってしまった感のある現在。少し前までは夏にマスクをして外出する人なんて中々いなかったはずなのに、むしろマスクをしていない人を探す方が難しいくらいです。

外出時、マスクをする事に慣れてしまった

ひとまず、家から出る時は基本的にはマスクをして出る事に抵抗は無くなってきましたし、マスクをしている人が普通過ぎて、その状況に慣れてきているというのが大半の方の意見でしょう。

マスク慣れが引き起こした悲劇

マスクをしている事に慣れ過ぎてしまい、そのまま飲食をしようとしてしまうというのは「あるある」ですが、その状況を見た方が食事が鼻から出てしまう程に吹き出し、それを見た人が文字通り笑い転げて骨折をしてしまうという珍事。笑ってはいけないですが、全て含めて流れが完璧すぎます。

Twitterの反応

専門家のだれもが指摘しなかったマスクの危険性ですね。

しかもこれ、病院でのお話なんですね。本当に不幸中の幸いというかなんというか。医療関係者さえも気付けなかったマスクをつけた事による悲劇というハクまでついたお話になるんですね。

他にも、暑いときにマスクを魔改造してはいけないというライフハック?もありましたが、皆さんもどうかお気を付けください。

画像掲載元:写真AC

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マスクが原因で思いもよらない悲劇が話題に