2019年7月26日~2019年7月28日に行われたフジロックですが、豪雨が直撃する中の開催となってしまいました。豪雨による被害は2日目の夜が大きく、テントは水没して、道は川のように水が流れており通行ができない状態になりました。会場からは、避難勧告が出てもおかしくない状況だと声が上がっていました。

大雨の影響

まるで川のように流れている水が、豪雨の凄まじさを物語っています。これだけの状況でしたが、現時点では負傷者の報告は上がっていないようです。

ロックな人たち

水に浸かりながらもテント張り続ける人たち、水の中でも楽しむ人たち、意外にもこの状況を楽しんでいるんじゃないのかと疑う声が寄せられています。雨の中のフジロックも盛り上がっていましたが、次回は天候に恵まれた中で開催できるでしょうか。

フェスだけに限らず日常生活でも、ゲリラ豪雨などいつ雨が降るかわからないのは考えものです。雨対策には、フェスにもオススメの1000円でできる雨対策コーデも取り入れてみてはいかがでしょうか。

画像掲載元:いらすとや

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「フジロック大惨事!豪雨で水に沈んだ会場が悲惨