日本国内では既にコロナへの不安が蔓延している状況です。しかし、日本と同じくか、それ以上に深刻な状況が続いているアメリカで、コロナに関連する恐ろしいパーティーが企画されているのです。その目的・趣旨に対して怖すぎるとネット上で大きな話題になっています。どのようなパーティーなのか、その概要からネットでの反応まで紹介していきます。

アメリカ、ワシントンでコロナパーティーが企画される

アメリカのワシントン州であるパーティーが企画され、大きな話題となっています。それはコロナパーティーと呼ばれています。もう、名称からして恐ろしすぎますね。

このパーティーは、コロナウイルスの感染者と非感染者が意図的に交流を図るという理解し難い内容となっています。

コロナパーティーの怖すぎる目的

このコロナパーティー、どのような意図で行っているのかと疑問に感じる人が大半なのではないでしょうか。その目的とは、コロナウイルスの感染を拡大させることとされています。多くの人がいかに感染を防ぐかに注力している中で、かなり異常な催しに思えますよね。

この事態は、アメリカでも大きな問題となっています。現時点で確認できている範囲でも、このコロナパーティーの参加者で25人のコロナウイルス感染者がいるとのことです。

コロナパーティーに対するネット上の反応

このコロナパーティーに対して、ネット上でも大きな話題になっています。

ネット上でもコロナパーティー参加者による、周囲への被害を危惧する人や、呆れや怒りの感情を持つ人が多いようです。ごく当然といえば当然の反応と言えるでしょう。

日本でも大規模なBBQが話題になりました。国内外問わず、健全なストレスの発散方法を探すようにしていきたいものです。

画像:PIXABAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アメリカ、ワシントンでコロナパーティーが計画される。その目的が恐ろしすぎるとネット上で話題に