2019年10月22日は即位礼正殿の儀が執り行われ、徳仁天皇が自身の即位を国内外に宣言しました。まるで平安絵巻物から出てきたような皇族達の装い、そして大雨だった天気もぴたっとやみ虹が現れ台風も消滅するなど、まるで伝説のような事が起こった一日でもありました。そんな中、安倍総理が日本国民を代表して祝賀の挨拶を述べ、その後に万歳三唱をしましたがその時の万歳三唱の言葉には深い意味合いがあったとネット上で話題となっています。

天皇陛下、万歳!

天皇陛下は、剣や勾玉(まがたま)とともに高御座(たかみくら)に上がり、国の内外に向けて即位を宣言されました。その後、安倍総理大臣が即位を祝う言葉を述べて高御座の前で万歳三唱しました。

引用 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000167384.html

国民を代表して「寿詞(よごと)」を読み、その後に行われた万歳三唱をテレビで見ていた国民も多かった事でしょう。

しかし、この万歳三唱に違和感を覚えた人も多かったようです。

「サヨクにとっては辛い一日だろう」「戦前返りのようで、嫌な印象」「戦前が逆流してくるような錯覚」「『天皇陛下バンザーイ』怖かった」とネット上でコメントもあり批判の声があったのも事実です。

しかし、この万歳三唱は戦前回帰したいわけでもなく、天皇陛下を神と称えるわけでもなく、別の意味合いが込められていたのです。

ご即位を祝して、万歳!

安倍首相は引き続き参列者とともに「ご即位を祝して、天皇陛下、万歳、万歳、万歳」を叫んだ。「ご即位を祝して」という表現が入ったのは「単に『天皇陛下、万歳』と言えば、過去の戦争や軍国主義を連想させ、国民主権精神とも合わない」という批判を意識したためだ。

引用 https://japanese.joins.com/JArticle/258817?servcode=A00§code=A10

ただ単に「天皇陛下、万歳!」だと戦前の軍国主義を彷彿とさせますが、その前に「ご即位を祝して」と言う言葉が入っていることで天皇陛下の即位を祝うという意味合いになるのではないかと記事で紹介されています。

確かに、日常の場面でも「○○を祝して万歳」「○○を祈念して万歳」と当たり前に使われている表現です。

そして安倍総理が伝統的な束帯姿ではなく燕尾服を着たと言う事も、天皇主権ではなく憲法にのっとった国民主権を印象づけました。

即位礼正殿の儀に欠かせない三種の神器の恐ろしすぎる噂についても話題となりましたが、安倍総理の万歳三唱にはこのような意味合いがあったのですね。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「即位礼正殿の儀で行われた安倍総理の万歳三唱が意味深すぎると話題に