こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

私は2013年の夏に「中国のヤバい正体」(大洋図書)というエッセイ漫画を日本で発売して以来、人生がガラリと変わりました。まず、大好きな日本に住んで仕事に出来るようになました。そして、大きかったのは『週刊文春』(文藝春秋社)や『週刊新潮』(新潮社)、『週刊SPA!』(扶桑社)を始め、『SAPIO』(小学館)、毎日新聞、産経新聞、TBSなど日本の大手メディアが「共産党がひた隠しにしてきた中国の内情を漫画で暴いた珍しい中国人」として取り上げられたことです。

しかし、私は同時に「中国共産党独裁政権に楯突く人物」として、国家保安にマークされはじめたようなのです。そのため、取材や出演を受ける際は必ずマスクや狐面など、顔を全面的に隠す対策を余儀なくされています。もし正体が特定されると、日本にいる間に中国の工作員に拉致されるか、帰国時に空港で逮捕されるかもしれないからです。

それでも私は恐れずに、第二弾の『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書、2014年)、『中国人による反中共論』(青林堂、2015年)、『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑社、2016年)など、いわゆる反中本を発売し、現在では来日当初より身の危険が高くなっていると感じています。もちろん私がここまで活動できているのも、ひとえに日本の編集やライター、番組のディレクターの方々が「身元」を特定できないように協力して頂いているお陰であると感謝しているのです。

「そんな、大げさな!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、私が様々な日本人と交流させていただいて感じるのは、中国共産党の”監視技術”を甘く見る方が多かったということなのです。

昨今では、顔以外に身体の特徴で特定される技術が溢れています。したがって、顔を隠しても決して、万全ではありません。現在、世界中に商業化して、精度を高めている「生体認証技術」。iPhoneやiPadの「指紋認識」、さらに昨年からiPhoneXの発売より、Apple社は「顔認識」を採用しています。それ以外にも、みずほ銀行などの大手銀行、成田空港の入国管理局が採用している「静脈認証」で身元を確認するシステムもあります。上記以外では、人間の網膜をスキャンして「虹彩認識」、声を分析する「声紋認識」など、頭部と指に集中しています。

もちろん、日本やアメリカのような民主主義国家では生体認証技術を電子決済や端末のプライバシー保護や医療行為、テロと防犯対策、犯罪捜査といったポジティブな活用を進めています。

例えば、GoogleやApple、Microsoftなどの大手のIT会社では、生体認証用に登録された指紋や顔、静脈のデータを、一人一人の国民の身分が特定される「ビッグデータ」を、ユーザーの安全性を高め、迅速に良いサービスを提供するために収集しています。

しかし、その一方で、中華人民共和国のような独裁国家においては、統治者が国民を監視するツールとして使われているのを忘れてはなりません。HUAWEIやZTEなどのIT会社では、ユーザーのデータを集めて中国政府に送ることを義務付けられています。中国政府にとっては、14億人のデータを見放題。これらデータは、すでに生体認証技術のテストに流用されているようです。これは、ある意味21世紀の「生体実験」と言えるでしょう。

■中国共産党の新しい監視ツール「歩き方認証」

 そこで今回は、監視社会が当たり前の、中国の新しい「生体監視技術」を紹介します。10月31日の中国経済網によれば、中国の銀河水滴なるIT企業が「水滴神鑑」という「人間の歩き姿認証」という生体認証技術を商用化することを発表しました。この技術は世界初です。

中国経済網
http://finance.sina.com.cn/roll/2018-10-26/doc-ifxeuwws8404043.shtml

私はさっそく「銀河水滴」という会社のホームページを見ました。

銀河水滴の公式サイト
http://www.watrix.ai/2018/10/26/xinpinfabu/

「銀河水滴」の紹介によると、人間はそれぞれ日常的に歩く際には癖がついていると言います。例えば、歩くスピード、歩幅、ガニ股や足の向き角度、猫背か、上半身の傾く角度など、それらを中国国内の街中に設置した監視カメラで記録。国民の歩き姿を日常的に撮影し、そしてAIに分析させて中国政府のビッグデータに登録するようです。

現在、「水滴神鑑」は一時間の動画からマークしている人物を10分間の演算で特定可能だといい、その精度は94%にも上るのだとか。

現在、新疆ウィグル自治区の公安機関は、顔認識だけでウィグル人を監視することが出来ないため、「水滴神鑑」の導入に興味を示しています。さらに、撮影用の監視カメラは「解像度2K」HD画質の1980 × 1024でも対応可能になりました。その結果「水滴神鑑」の技術は瞬く間に中国全土に普及してしまうことも予想されます。銀河水滴のCEOの黄永禎氏は「今後、この技術を中国社会の安定を維持するために貢献したい」と明言しました。今後「銀河水滴」は国有銀行から一億元の融資を受け、研究を進め、中国全土の公安機関に販売する莫大なビジネスになる、とRFAの報道がありました。

アメリカのAP通信の分析では「中国の歩き姿の生体認証技術はすでに世界一になっています」と報道されました。

https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/renquanfazhi/nu-11062018100430.html/ampRFA?__twitter_impression=true

この「人間の歩き姿認証」は中国の発明ではありません。日本では2013年から実用化されていますが、日本やイギリス、アメリカでは公安が防犯技術として使用するにとどまっています。このような技術が民間企業に使われる国は中国だけです。

幸いにも、私はまだ公の場で「歩き姿」を披露していません。上述のように、顔以外に様々な特徴で国民を監視・特定できるようになれば、さらに気をつけることが増えてきます。今まで露出した情報に例えば、声、身長、体系、耳などがあります。これらはひょっとしたら、将来的に、個人を特定できる素材に使われるのではないかと不安です。

ともすれば、現在の狐面にマスクでメディアに登場する姿は過剰防衛とも捉えられがちですが、実際にご自身に身を置き換えればどれだけ異様な社会か想像できるかと思います。私自身の表情が見えたほうが皆様との心理的距離も近くなり、さらに様々な情報も伝えやすいのに、と残念に思うこともしばしばあります。理想としては、個人の顔を出せるような国に中国が変化してくれることですが、現状として難しいでしょう。

『1984』というソ連を風刺した、”完全監視国家”をテーマにする映画に、以下のようなセリフがありました。

「Big Brother in Watching You」

中国国民の間では、自虐流行語になっています。中国のIT企業が何か新しい生体認証や監視カメラ技術を発表するたびに、毎度、不安だらけです。このままの状態が続けば、国民の不満の声も挙がると思います。国民の圧に耐えきれなくなった時、中国もソ連のように崩壊するかもしれません。

 

孫向文 <漫画家 / 評論家>

1983年生まれ、漫画家、評論家。中華人民共和国浙江省杭州市出身。『本当にあった愉快な話』(竹書房)にて「日本に潜む!!中国の危ない話」、 隔月刊『ジャパニズム』(青林堂)にて「大和撫子が行く」を連載中。近著『日本人に帰化したい!!』(青林堂)が好評発売中。そのほか『週刊文春』にて実録中国猛毒食品「僕らだって怖い!」を掲載し、TBSテレビ『新・情報7daysニュースキャスター』にて「中国超監視社会」に出演。

情報提供元:NEWS VISION
記事名:「街頭カメラが「歩き方認証」で国民を識別?中国共産党による映画さながらの「監視社会」がすぐそこに【孫向文】