はじめに

美しく光り輝くイルミネーションを見ると、冬が来たという感じがしますよね。毎年開催されている「フェスタ・ルーチェ」は、今までに28万人が訪れた光の祭典。今年のクリスマスは、大切な人と一緒に綺麗なイルミネーションを楽しみませんか? クリスマスが近づくにつれ高まるあのワクワク感をイルミネーションで表現

クリスマスが近づくにつれ高まるあのワクワク感をイルミネーションで表現

10月31日(土)~2月14日(日)の79日間、和歌山マリーナシティのポルトヨーロッパで開催される「フェスタ・ルーチェ in 和歌山マリーナシティ」。2017年にスタートしてから、今までに約28万人が訪れている冬の風物詩です。

今年のテーマは“Happy Holiday”。会場全体が光り輝くイルミネーションに彩られ、クリスマスが近づくと感じるあのワクワク感をさらに盛り上げてくれます。幻想的な世界観の中を散策してみましょう。 ソーシャルディスタンスを保てるフォトスポットやプロジェクションマッピングも

ソーシャルディスタンスを保てるフォトスポットやプロジェクションマッピングも

ワクワクした気持ちを表現するために、今年のイルミネーションはこれまで以上にグレードアップ! 今までにない感動の景色が広がります。

さらに、ソーシャルディスタンスを保てる工夫をしたSNS映えするフォトスポットや、歩きながら楽しめる吹き抜けストリートプロジェクションマッピングを行うなど、コロナウイルスの感染予防にもしっかり配慮。3密を回避しながら光の祭典を楽しめます。おとぎ話に登場するクリスマスの世界がそのまま飛び出してきたかのような世界で、非日常感をたっぷり体感しましょう。 会場の和歌山マリーナシティで一日遊びつくすのもアリ!

会場の和歌山マリーナシティで一日遊びつくすのもアリ!

会場のポルトヨーロッパがある和歌山マリーナシティは、和歌山湾を望む海沿いのリゾート施設。敷地内には全室オーシャンビューを誇るイタリアンデザインの「和歌山マリーナシティホテル」が建ち、ポルトヨーロッパも地中海の港町をイメージしたテーマパークのため、日本を飛び出して海外に滞在しているような気分が味わえる場所です。

周辺にはマグロの解体ショーなどを楽しめる「黒潮市場」や釣りができる「海釣り公園」といった観光スポットもあり、イルミネーション見物の前から楽しい時間が過ごせるはず。開催期間中に、旅行がてら遊びに行ってみてくださいね。


◆本当のクリスマスに出逢える場所 フェスタ・ルーチェ
住所:和歌山県和歌山市毛見1527
期間:10月31日(土)~2月14日(日) ※1月4日(月)~2月14日(日)は土日祝のみ
営業時間:17:00~21:00(最終入場20:00)

おわりに

キラキラ輝くイルミネーションを見ているとテンションが上がってしまいますね。しかも今年は、中学生以下は無料、高校生以上の学生なら半額で入場できるそう。家族や友達、カップルなど、大切な人と一緒にワクワクしたひとときを過ごしてみてください。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【和歌山】28万人が来場した光の祭典『フェスタ・ルーチェ』が今年も開催