三菱地所は 5 月 26 日、株式会社ロイヤルパークホテルを、株式交換により同社の完全子会社化することを発表した。株式交換は、ロイヤルパークホテル株主総会での承認を経て 2021 年 8 月 1 日に実施される。

三菱地所は 「三菱地所グループ長期経営計画 2030」にて、3 本柱の成長戦略のひとつとしてノンアセット事業の強化・拡大を掲げ、BtoC/BtoBtoC に着目した新たな事業展開を図っており、ホテル事業では全国の大都市圏を中心に新規出店を拡大。

また、グループホテルの運営を行う完全子会社の株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツに、2020 年 4 月に横浜ロイヤルパークホテル、2020 年 10 月には仙台ロイヤルパークホテルをそれぞれ吸収合併させ、ホテル運営の一元化を進めていた。

一連の一元化に続き、旗艦ホテルである「ロイヤルパークホテル」の所有・経営・運営を担う株式会社ロイヤルパークホテルについても完全子会社化とすることで意思決定の迅速化、運営ノウハウの共有等で、ホテルチェーンの強化・拡大を進めていく。

情報提供元:Airstair
記事名:「三菱地所、ロイヤルパークホテルを完全子会社化 ホテルチェーンの強化・拡大へ