沖縄観光コンベンションビューローは、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた沖縄県内の宿泊施設を支援するため、1 泊 2 食付の宿泊プランを補助する「家族でステイホテル」を開催することを明らかにしました。

家族でステイホテルは、沖縄県内在住の同居家族または個人が、1 泊 2 食付の宿泊プランを予約する場合に、一律で数千円程度を支援するキャンペーン。対象となるのは、感染防止対策が取られている県内の宿泊施設です。

宿泊開始日は 2021 年 2 月 10 日から 2 月 28 日まで。サイトに掲載されている宿泊施設に直接予約を入れる仕組みとする予定。詳細は決まり次第、記事をアップデートいたします。

 

沖縄県の宿泊割引「家族でステイホテル」とは

「家族でステイホテル」とは、沖縄県内在住の同居家族または個人が、1 泊 2 食付の宿泊プランを予約する場合に、一律で数千円程度を支援するキャンペーンです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて落ち込んだ県内の観光産業の活性化を図るため、実施が決定しました。

キャンペーン名称 家族で Stay Hotel!
対象者 沖縄県民
対象施設 沖縄県内の宿泊施設
利用期間 2021 年 2 月 10 日~ 2 月 28 日

 

沖縄県では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2021 年 1 月 19 日に県独自の緊急事態宣言を発令。当初は期限を 2 月 7 日までとしていましたが、感染拡大を抑え込み、危機的な状況にある医療体制の安定化を図るため、2 月 28 日まで延長することを決定しました。

不要不急の外出自粛や飲食店などに対して午後 8 時までの時間短縮を求める一方、PCR 検査を安価に受けられる体制作りや感染防止対策を講じた上での旅行需要喚起策を通じて、感染対策と経済の両立を目指す考えです。

情報提供元:Airstair
記事名:「沖縄県の宿泊割引「家族でステイホテル」2月10日開始 Go To トラベル・宿泊割引クーポンを徹底解説