大阪府の吉村洋文知事は 11 月 21 日、政府が感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置を導入するとしたことについて、「大阪は(対象地域に)当てはまると思うので、その方向で進めていきたい」との見解を明らかにした。

Go To トラベルを巡っては、11 月 20 日に開かれた新型コロナ対策分科会で、「すでにステージ3相当と判断せざるをえない状況に、早晩至る可能性が高い」と指摘したうえで運用を見直すよう提言。

菅義偉首相は 11 月 21 日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、Go To トラベルについて感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置を導入すると発表。Go To イートについても食事券の新規発行の一時停止などの検討を、都道府県知事に要請する考えを示していた。

吉村大阪知事は自身のツイッターで「今はブレーキを強めるべき状況です。大阪は感染拡大期、しかも高齢者の重症者が多い状況です。GoToについては、知事に与えられた裁量の範囲内で立ち止まる方向で進めていきます」とコメントした。

大阪府の 11 月 21 日の新規感染者は、415 人となり 1 日の感染者数が 400 人以上となるのは初めてで、3 日連続で過去最多を記録。、重症病床の使用率は 35% を超えており、府独自の警戒レベルを「イエローステージ2」へ引き上げた。

府の対策本部会議では、高齢者や基礎疾患がある人に似ついて 11 月 21 日から 2 週間、不要不急の外出を控えるよう呼びかけ、「 5 人以上、2 時間以上の宴会・飲み会は控えること」の2つを呼び掛けることが新たに決まっている。

The post 大阪府、Go To キャンペーンの新規予約を一時停止の方向で調整へ 吉村大阪知事 first appeared on 民泊・ホテルテックメディア Airstair.

情報提供元:Airstair
記事名:「大阪府、Go To キャンペーンの新規予約を一時停止の方向で調整へ 吉村大阪知事