東京建物とHotel Propatiesは、大阪・堂島で進める超高層複合タワー建設プロジェクト「ONE DOJIMA PROJECT」に、フォーシーズンズホテルを誘致し、「フォーシーズンズホテル大阪」を開業すると発表した。

「ONE DOJIMA PROJECT」は、地上49階建ての大阪市内で有数規模の複合タワー。「旅とアート」をコンセプトに、国際水準の機能を備えたプライベートレジデンス「Brillia」のほか、トップクリエイターのデザインによるスパトリートメントやジムを備えたスパや、多様なシーンで利用可能なレストラン、カフェやバー、バンケットを備えるフォーシーズンズホテルが入居する。

住宅は1〜27階と38階〜49階に位置。総戸数は466戸で、専有面積は30〜230平方メートル、天井高は約2.7〜4メートル。2階と43階にはコンシェルジュを配置し、エントランス部分には警備員が常駐する。最上階にはラウンジやパーティールームなどの共用施設を完備する。

ホテルは1・2階と28〜37階部分に位置。客室数は178室。インテリアデザイナーのグエナエル・ニコラ氏、緒方慎一郎氏、小市泰弘氏の3名を起用した。

「宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度」を大阪市で初適用して建設するもの。2020年に着工しており、2024年に竣工を目指す。アクセスはJR大阪駅から徒歩約9分。

情報提供元:Traicy
記事名:「「フォーシーズンズホテル大阪」開業へ 東京建物など建設の複合タワーに