COPEN

ダイハツ工業は、軽オープンスポーツカー「コペン」を一部改良し、4月7日より発売した。

現行型の「コペン」は、「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現した軽オープンスポーツカー。2014年に「ローブ」「エクスプレイ」が発売され、その後、2015年に「セロ」、2019年に「GR SPORT」が追加されている。

今回の一部改良では、新法規に対応し、より広い後方視界確保のためサイドミラーを拡大。さらにオートライトを新たに設定するとともに全グレードに標準装備し、安全性を向上させた。

メーカー希望小売価格は「ローブ」と「エクスプレイ」が1,888,700円から。

情報提供元:Traicy
記事名:「ダイハツ、軽スポーツオープンカー「コペン」を一部改良