何もしない旅

伽藍下鴨は、72時間の滞在でトリートメントと食事による再生を目指す宿泊プラン「何もしない旅」を4月2日から提供している。

3日間それぞれにテーマが設定されており、1日目は「浄化と解毒~Cleanse & Detox」、2日目は「滋養と消化~Nourish & Digest」、3日目は「活性化と若返り~Energize&Rejuvenate」。それぞれテーマに合わせたマッサージやトリートメントなどの施術を行う。

大原野菜と山野草の装い

朝食には「大原野菜と山野草の装い」と題した採れたての野菜や野草をふんだんに使った料理を、体質に合わせて用意する。昼食は菜食文化と押し寿司をベースとした「体質別ベジ寿司ランチ」または18年継ぎ足してきた自家製酵母を使用した「発酵ランチプレート」を提供する。夕食には、酵素ジュース・季節のスープ植物・微生物・酵素からなる、生きた酵素を使用した酵素ジュースとなる。

料金は、平日111,000円、休日133,200円。料金はいずれも税込み、サービス料は別途必要。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「伽藍下鴨、「何もしない旅」提供開始 72時間のリトリート宿泊プラン