成田国際空港は、三菱重工交通・建設エンジニアリングと共同開発契約を締結し、完全自動運転搭乗橋を開発し、4月20日より運用を開始する。

第2ターミナルの67番スポットの搭乗橋に設置し、操作卓のレバーを倒すだけで、航空機のドアに搭乗橋が自動で装着できる。

今後、これまで搭乗橋内部でしかできなかった操作を、タブレットなどで遠隔操作する機能や、2基以上の搭乗橋の同時装着を可能とする機能などの開発を進めていくとしている。

情報提供元:Traicy
記事名:「成田国際空港、完全自動運転搭乗橋を導入 三菱重工交通・建設エンジニアリングと共同開発