アパグループは、宮城県大崎市の古川駅近くの東北イン古川駅前を取得し、4月20日に「アパホテル〈宮城古川駅前〉」としてリブランドオープンする。

東北イン古川駅前は、パンパシフィックインターナショナルが保有しているホテル。2012年11月30日までは、東横インと賃貸契約の上で、「東横イン古川駅新幹線口」として運営していたが、2012年11月に賃貸契約を解消し、東北イン古川駅前としてパンパシフィックインターナショナルが運営している。外観、内装ともに東横インに準拠しているのが特徴。10階建てで全152室を備え、全客室に50型液晶テレビを設置し、VODサービスを無料化する。アパホテルが運営を担う。

アクセスは、JR東北新幹線・陸羽東線古川駅から徒歩2分。

情報提供元:Traicy
記事名:「旧東横インの「東北イン古川駅前」をアパホテルが取得 「アパホテル〈宮城古川駅前〉」4月20日オープン