成田国際空港は、検疫検査の結果待機場所を拡充する。

4月6日より、南オペレーションセンター1階と2階の5,413.17平方メートルを、第2ターミナルビル制限区域(到着エリア)に組み入れて運用する。

成田国際空港では、「今後とも成田空港検疫所、航空会社をはじめ関係機関と連携しながら、検疫措置に伴うお客様のご負担が軽減されるよう、サービス向上に努めて参ります。」としている。

情報提供元:Traicy
記事名:「成田国際空港、検疫検査の結果待機場所を拡充