アメリカン航空(ボーイング787-8型機)

アメリカン・エアラインズ・グループとアメリカン航空は、3つのリボルビング・クレジット・ファシリティに基づく、総額28億米ドルのリボルビング・ローンを返済した。

新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の低下に伴い、2020年4月に28億米ドルを借り入れていた。18の融資元による協調融資で、2024年10月までにコミットメントの期限切れまで、必要に応じて再度借り入れることもできる。このため、負債は減少したものの、利用可能な流動性には影響を与えない。

アメリカン航空のデレク・カー最高財務責任者(CFO)は、「我々の業界は、回復するまでにはまだ長い道のりがありますが、現在、十分な追加流動性を調達しており、この負債を返済することに問題はありません。銀行パートナーの皆様の継続的な支援に感謝するとともに、アメリカン航空への信頼に報いるために、しっかりとした投資回収を行っていきたいと考えています」とコメントした。

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空と親会社、28億米ドルを返済