東海道新幹線

JR東海は、2022年3月31日発売分をもって、東海道新幹線の新幹線回数券の一部区間の発売を終了する。

新幹線回数券の発売を終了する区間は、グリーン車用の東京〜名古屋・新大阪駅間、普通車指定席用の東京〜名古屋・米原・京都・新大阪間、新横浜〜名古屋・京都・新大阪駅間、名古屋〜京都・新大阪駅間、普通車自由席用の新富士〜静岡駅間、浜松〜豊橋駅間、豊橋〜名古屋駅間、名古屋〜岐阜羽島・米原駅間の計16区間。いずれも6枚綴りの新幹線回数券について、2022年3月31日発売分をもって発売を終了する。発売された新幹線回数券は、有効期間終了日まで利用できる。

この発売終了により、グリーン車用の新幹線回数券は設定がなくなる。普通車指定席用は、山陽新幹線とまたがる区間のみの設定となる。普通車自由席用の設定区間は残る。

同社はこれらの新幹線回数券の発売終了について、ネット予約へのニーズ増加や、EXサービスの普及を挙げている。一方で、東海道新幹線沿線の金券ショップでは、これらの新幹線回数券の"バラ売り"が主力商品の1つであることが多く、大きな打撃を受ける可能性がある。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、東京〜名古屋・新大阪などの新幹線回数券発売終了 金券ショップにも打撃か