ジェイアール西日本デイリーサービスネットとテレキューブサービスは、個室型ワークブース「テレキューブ」を、関西エリアの4駅に順次設置する。

「テレキューブ」は、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務、電話、ウェブ会議などでの利用ができる、個室型ワークブース。スマートフォンで予約、入室をし、高い遮音性とWi-Fi、USB給電などが使用可能な電源設備を備えている。

高槻、尼崎、大阪、新大阪の4駅が対象で。高槻駅には2台、尼崎駅には1台を設置し、それぞれ3月12日、3月19日から運用を開始している。大阪駅と新大阪駅への設置日は未定。

利用料金は15分275円(税込)で、一定期間は同165円(同)の特別価格で提供する。営業時間は午前7時から午後9時まで。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR西日本、関西圏4駅に個室ワークブース「テレキューブ」を設置