阪急電鉄と阪神電車は、3月13日にダイヤ改正を実施し、最終列車を繰り上げる。

阪急電鉄では神戸線では、大阪梅田発西宮北口行きと神戸三宮発大阪梅田行きの最終列車をそれぞれ16分繰り上げる。宝塚線では、大阪梅田発雲雀丘花屋敷行き最終列車を15分、宝塚発大阪梅田行き最終列車を平日は13分、土休日は20分繰り上げる。

京都線では、大阪梅田発正雀行きと京都河原町発大阪梅田行き最終列車をそれぞれ15分、京都河原町発桂行き最終列車を32分繰り上げる。伊丹線でも最終列車を繰り上げる。

阪神電車では、大阪梅田発尼崎行き、尼崎発大阪梅田行き、元町発石屋川行きの最終普通列車の運転を取りやめ、発車時刻を繰り上げる。高速神戸発大阪梅田行き最終列車も尼崎行きに変更する。これにより約10分の最終列車繰り上げとなる。

情報提供元:Traicy
記事名:「阪急・阪神、3月13日にダイヤ変更 最終列車繰り上げ