シンガポール航空

シンガポール航空は、東京/羽田〜シンガポール線の運航を、3月2日より週3便で再開することを決めた。

当初は1月18日より1日1便で再開を予定していたものの、延期していた。当初計画では、シンガポールを朝、東京/羽田を夕方に出発するフライトを運航する計画だったものの、シンガポールを午後、東京/羽田を深夜に出発するフライトに変更となる。機材は、ビジネスクラス40席、エコノミークラス263席の計303席を配置した、エアバスA350-900型機を使用する。

現在、東京/成田・大阪/関西〜シンガポール線を1日1便、名古屋/中部〜シンガポール線を週3便、福岡〜シンガポール線を週1便運航している。東京/羽田〜シンガポール線の再開で、日本とシンガポール間を週21便体制で結ぶことになる。シンガポール以遠の一部都市への乗り継ぎもできる。

■ダイヤ

SQ635 東京/羽田(22:55)〜シンガポール(05:15+1)/火・木・日(3月2日〜)

SQ634 シンガポール(14:05)〜東京/羽田(21:40)/火・木・日(3月2日〜)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、東京/羽田〜シンガポール線の運航再開 3月2日から