北海道釧路市のくしろバスは、乗務員に新型コロナウイルスの集団感染が発生したことから、3月1日まで路線バスを減便する。なお、札幌・釧路間の都市間バス「スターライト釧路号」はすでに減便運行を実施している。

2月16日までに行ったPCR検査で、バス乗務員ら14名の感染を確認。32名については、感染した可能性が否定できないとした。感染対策を実施しているため、所轄の釧路保健所の調査で、乗客に濃厚接触者はいないとしている。

このため、3月1日まで、路線バス全路線で日曜・祝日ダイヤで減便運行する。通学時間帯では、一部の平日運行便を引き続き運行する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「くしろバス、路線バスで減便 乗務員にコロナクラスター