アマンレジデンス 東京/ジャヌ東京

森ビルは、虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業開発地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」と、アマンの姉妹ブランドである日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」を2023年に開業する。

「アマンレジデンス 東京」は、A街区の54階から64階に位置。全91戸で、居住者専用の1,400平方メートルを誇る「アマン・スパ」を備えている。タワーデザインにはペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ、インテリアデザインにはヤブ・プッシェルバーグを起用した。

「ジャヌ東京」は、B-2街区の1階から13階部分に位置。「ジャヌ」はサンスクリット語で「魂」を意味する。全120室で、標準客室面積は約60平方メートル。6つのレストラン、カフェ、バー、スパ、フィットネスジムを備える。タワーデザインにはペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ、インテリアデザインにはデニストンを起用した。

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業は、敷地面積約63,900メートルを誇る、住宅や事務所、店舗、ホテル、インターナショナルスクール、広場、文化施設を擁する開発事業。2019年8月に着工し、2023年3月に竣工を予定している。事業費は約5,800億円。

情報提供元:Traicy
記事名:「「アマンレジデンス 東京」とアマン姉妹ブランドの「ジャヌ東京」、2023年開業へ