キャセイパシフィック航空は、リヤドへの貨物便の運航を1月5日より開始した。

サウジアラビアとアジア間の貨物需要が高まっており、特にeコマースや衣類などの一般貨物の需要が大きいという。ボーイング747-400ERFを使用し、火曜の週1便を運航する。復路はドバイ経由で、リヤド〜ドバイ間はフェリーフライトとなる。

キャセイパシフィック航空では、航空貨物の需要に対応するため、ホバートやピッツバーグへの貨物便を運航している。

■ダイヤ

CX2078 香港(08:10)〜リヤド(13:20)/火

CX2079 リヤド(15:20)〜ドバイ(18:20/20:20)〜香港(07:20+1)/火

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空、リヤドに貨物便就航