シンガポール航空は、国際航空運送協会(IATA)の「トラベルパス」をベースとした、デジタル健康認証プロセスの実証試験を開始した。

12月23日より、ジャカルタ・クアラルンプール発シンガポール行きの2路線を対象に開始しており、実証試験の結果を検証し、他の路線にも拡大することを目指す。

ジャカルタとクアラルンプール市内の指定された診察所で新型コロナウイルスの検査を受けると、デジタルもしくは紙のQRコードが記載された健康証明書が発行される。空港のチェックインカウンター職員とシンガポールの入国管理局は、モバイルアプリを通じてこれらの証明書の有効性を認証し、渡航者がシンガポールの入国に必要な条件を満たしていることを確認する。

シンガポール航空では2021年半ば頃にも、アプリ「SingaporeAir」にこの機能を統合することを予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、健康認証プロセスの実証試験開始 IATAの「トラベルパス」がベース