中部国際空港、名古屋鉄道(名鉄)、NTTドコモなど4社は、「3密回避の観光の在り方」を検証する実証実験を1月8日から実施する。

中部国際空港と愛知県内における名鉄グループの観光地などを対象として、割引クーポンやdポイント等のインセンティブを用意。同空港第1ターミナル国内線到着口で観光客に配布した上で、専用アプリで対象施設に関する情報等を提供し、観光客の移動を促す。

クーポンの割引率は施設ごとに差を設け、割引率の異なる施設間で利用客数の増減率の比較など、インセンティブ付与による観光客の行動変容を検証。混雑状況に応じた観光客の分散に活かす。実施期間は2月14日まで。

情報提供元:Traicy
記事名:「中部国際空港・名鉄ら、「密回避の観光」実証実験 施設割引による行動変容検証