チャイナエアラインは、ボーイング747-400型機の退役を記念したフライトを、台北/桃園発着で2月6日に実施する。

ボーイングが最後に製造したボーイング747-400型機(機体記号:B-18215)を使用し、CI2747便として運航する。午前11時30分に出発し、富士山を周遊した後、午後5時10分に帰着する。静岡県の台湾事務所と協力し、機内では静岡をイメージした和食の機内食を提供する。

乗客には200分の1サイズのボーイング747-400型機のモデルプレーン、マスク、搭乗証明書、キーリング、キャンバスバッグのほか、静岡土産をプレゼントする。

旅行代金は、エコノミークラスは7,470台湾ドル、ビジネスクラスは9,747台湾ドル、アッパーデッキのビジネスクラスは10,747台湾ドル。予約は2021年1月6日午前10時(現地時間)から、KKdayで受け付ける。

情報提供元:Traicy
記事名:「チャイナエアライン、ボーイング747型機退役で富士山周遊フライト実施