京成電鉄は、鉄道施設における夜間メンテナンス等の作業時間確保に向け、2021年春にダイヤを見直すと発表した。

同社では、従前より夜間作業時間の確保が課題となっていたが、新型コロナウイルス感染症拡大を契機に乗客の利用状況も大きく変化したとして、最終列車の時刻繰り上げと始発列車の時刻繰り下げに踏み切る。

最終列車の時刻は、京成高砂~京成成田駅間の下りで最大20分程度繰り上がり、その他区間では繰り上げない。始発列車の時刻は、宗吾参道~京成上野駅間の上りで最大10分程度繰り下がり、その他区間では繰り下げない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「京成、2021年春にダイヤ改正 一部区間で始発・終電時刻を変更